掛け捨て型と積立型の違い

  生命保険で、掛け捨て型より積立型の方が保険料が高いのは、万が一の保障の他に満期時や解約時の返戻金分を積み立てているからです。ですので、保障は保障、貯蓄は貯蓄と分けて資産形成したい人は積立型に加入する必要はありません。また、積立型は貯蓄型とはいっても銀行の定期預金などとは違い、一定期間以上保険料を払い込まないと元本割れを起こし損をしてしまいますので結婚や出産などライフスタイルが変わる可能性がある人には不向きです。緊急でお金が必要になっても解約しなくて済むだけの余裕がある人向けの保険です。限られた予算の中で家族のために加入するなら掛け捨て型を選んだほうが貯蓄性がないため保険料が安く済み、家計に負担を与えません。ただし掛け捨て型は払い込み満了時や中途解約時に返戻金はほぼ戻ってこないので注意です。
老後のための貯蓄を重視したいなら積立型、残された家族の生活を重視したいのなら掛け捨て型と目的別に使い分けるののがいいでしょう。 

押さえておきたい!生命保険の「掛捨て型」のメリットとデメリット

  保険を選ぶ時に掛け捨ての保険と積み立ての保険のどちらがいいのか迷ってしまう人も多いと言えます。ここでは生命保険の「掛捨て型」のメリットとデメリットを説明していきます。

まず積み立ての保険と比較して、掛け捨ての保険は月々の保険料が安いのが1番のメリットということが出来ます。毎月の家計の中から保険寮を捻出する必要があるので、やはり保険料が安い方が続けやすいという人が多いと言えます。ただし保険料を抑えている分解約返戻金、満期金は少ない、または全くないのがデメリットで一定期間が過ぎると保障が切れてしまいます。つまり掛け捨ての保険は一定期間に限定し厚い保障を必要とする人に適していると言うことが出来ます。

ちなみに掛け捨ては損、積み立てが得といった単純なモノではなく、それぞれメリットとデメリットがありその特徴をきちんと知った上で自分に必要な保険を選ぶことが重要です。どちらが自分に適しているか判断できない場合は1人で悩まずに専門家に相談することをお勧めします。 

お金を無駄にすることが無い

  積立型のメリットは、お金を支払った分は必ず返ってくるということです。低解約返戻金型保険のように、満期前に解約してしまうと元本を大きく割るような商品もありますが、満期までのキャッシュフローを予測し、無理のない金額で利用すれば、有益な貯蓄法です。万が一のことがあった場合はもちろんのこと、満期まで健康であっても支払った分は戻ってくるので、老後の資金として利用でき、お金を無駄にすることがありません。特に銀行での定期預金でほとんど利息がつかない今は、資産運用方法としてとても優れています。デメリットはやはり毎月の支払い金額が掛け捨てに比べると高いことです。掛け捨て型の保険と比較すると、同じ保証を受けようとすると掛け金は数倍になりますので、万が一の場合に受け取りたい金額を全て積立型で組むことは、現実的には少し厳しいかもしれません。また、満期までの長い期間、固定の利率で契約することになりますので、今後もし日本の景気が大きく変動し、銀行での預金利率が急上昇した場合には、保険契約時の利息しか受け取ることが出来ず、損をしてしまう可能性もあります。